看護師って副業OK?始める前に知っておきたい注意すべき3つのポイント

  
目安時間 7分  
  • Facebookへのシェア
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング
看護師の副業~3つの注意点~

一般的に収入が安定していると言われている看護師でも、副業をしたいと思う人が増えています。

その背景には、次のように思う看護師が増えてきたことが挙げられます。

  • 夜勤をしないと収入は低い
  • 他の仕事もしてみたい
  • いずれは今の仕事を辞めたい


私もこのような思いにプラスし、ライフスタイルの変化に合わせて転職を繰り返した結果、たどり着いたのが副業でした。

SNSでも、副業を始めた看護師さんはここ数年でグッと増えてきた印象を受けますね。

副業がOKな時代になってきたのは事実ですが、看護師の世界は少し厳しい状況は続いています。昔から、「看護師は医療に尽くすべき存在」というイメージは、まだまだ払拭されていません。

それでも、看護師が副業するかどうかは自由です。

ただ、注意すべきポイントがあり、知らずに副業を始めたら職場を辞めさせられる危険があります。

ここでは副業を始める前に知っておきたい、注意すべき3つのポイントについて詳しく解説していきますね。

自分の職場が副業OKか確認する


「誰でもやってるから」と自分の気持ちだけで、副業を始めてしまうのはやめた方がいいでしょう。後々、厄介なトラブルを引き起こす可能性があります。

社会人のルールとして、まずは自分の働いている職場が副業OKかどうか確認しましょう。

基本的に次のような職場で働いている看護師は副業NGな場合が多いですよ。

副業NG

公務員・国公立病院の看護師

公務員や国公立病院で働く職員は、法律で副業禁止となっています。もし副業をやってバレてしまうと、出勤停止や減給、最悪の場合は懲戒免職になることもあります。

その他に、フルタイムで働く看護師は副業NGという場合も。

一般病院やクリニック、施設などは職場の就業規則によるものなので、規則は必ず確認しておきましょうね。

ただ、看護師の副業を許可している病院は少ないのが現状です。

どうしても副業をしたい人は、バレてもいいと覚悟しておく必要があります。

自分自身が副業できる状況か見つめ直す


自分が働いている職場が副業OKだった場合、「やったー!副業やろーっと!」とすぐに始めてしまうのは、ちょっと待ってくださいね。

今の働き方に副業をプラスして大丈夫なのか、副業できる状況なのか見つめ直してみてください。

例えば、あなた自身が副業OKの一般病院でフルタイム看護師をしている場合。

  • 夜勤が月8回
  • 2交代と3交代勤務が混合
  • 年に2~3回は夜勤専従
  • 残業で夜遅く帰る
  • 休みの日も病院に行く用事がある
  • 休みの日は身体を休めるだけで限界


こんな状態で副業をしたら、心身ともに疲労困憊になるのは想像できます。(実際に私が大学病院で働いていた時の状況です)

パートや時短勤務であれば副業する時間が取れるので、あとは自分のやる気次第で副業をすることが可能ですね。

自分が副業できる状況なのか、次の項目を参考にしてみてくださいね。

  • 副業ができる時間
  • 本業をしていない時の時間の使い方
  • 本業での身体の疲れ具合
  • 本業でのメンタルの疲れ具合
  • 副業をしたら本業に影響が出ないか


この5つの項目について、仕事の疲れ具合と仕事以外の過ごし方を振り返り、ぜひ紙に書き出してみましょう。

副業によりどんな生活を送りたいのか明確にする


職場が副業OKで、さらに副業する時間が取れそうだと分かったら、副業によりどんな生活を送りたいのか明確にしましょうね。

副業をすると言うことは、さらなる収入アップが目標となる人が多いでしょう。

その他にどんな生活を送りたいのか考えてみてください。収入を得た後の生活をイメージすることで、副業に時間を割く理由を再認識できます。

私が副業によりどんな生活を送りたいと思ったのか、次のとおりです*^-^*)

  • 収入アップ
  • 自分の美容のためにお金を使う
  • 副業の収入を上げて、看護の仕事をパートにする
  • ゆったりとした生活を送る

この4つの目的を持ちながら、副業を始めましたよ。

看護師が副業をするなら、心身の疲れが増して本業に影響があっては困ります。疲れがとれずに、インシデントを起こしてしまうリスクも潜んでいますよ。

まずは紙に書き出してみてくださいね。ただのお小遣い稼ぎなのか、今の仕事をパートにするくらい副業で稼ぎたいのかがハッキリします。

そうすれば、どんな副業を選ぶべきかも分かるようになりますよ。

看護師も副業を始めて自分らしい働き方を!


「看護師は副業やっちゃダメ」と思う人はまだ多いですが、看護師の仕事1つに縛られる必要なんてありません。

せっかく看護師の資格を持っているんだから、今の仕事以外にもやりたいことがあればドンドンやってみた方がいいと思います。

もちろん副業のせいで身体を壊したり、本業で集中できずにミスを起こしたりとマイナスな面が出るようなら、副業はやめた方がいいですよね。

自分にとってどのような副業が合っているのか情報収集し、看護師でも副業を通して自分らしい働き方を見つけられることを願っています(*^-^*)

  • Facebookへのシェア
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

メールアドレス 

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
サイト運営者
【おすすめ】未経験からライターを始める方の教材
 最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
応援お願いします(*^-^*)

ページの先頭へ