ライティングの基礎やスキルアップにおすすめの本3選

  
目安時間 6分  
  • Facebookへのシェア
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング
ライティングにおすすめの本

Webライターを始めるにしても、自分の文章力に自信が持てないという人がほとんどです。手当たり次第に、ライティングの本を読み漁っていると、実践するという大事な行動が遅くなってしまいます。

そして読んでも頭に入らなければ意味がありません。

私自身もどんな本を読めばいいのか分からず、かなり調べたのでお気持ち分かります(^^;

ここでは、初心者ライターに役立つライティングの基礎習得やスキルアップにおすすめの本をご紹介しますね。

基本的な文章力を身につけるための本


初心者ライターは、まず最低限の文章力を身につける必要があります。

感情的にバーッと書いた文章よりも、キレイな文章が書けることを求められると覚えておきましょう。

そこで、基本的な文章力を身につけるためにおすすめする本がこちら。

おすすめ①

「新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング」
コミックナタリー初代編集長 唐木 元


この本では、「完読を目指した文章」「読者の負担を取り除いて、もっと伝わる文章」を書くための準備や工夫、テクニックや推敲の方法などが詳しく書いてあります。

まずは本の全体を読み、実際に文章を書きながらこの本で学ぶことで、少しずつ基本的な文章力を身につけることができます。

楽天とAmazonのネットショップで購入できるので、ぜひ1冊手元に置いておきましょう。

楽天↓↓



Amazon↓↓

Webライティングの本質を学ぶことができる本


記事執筆を依頼するクライアントさんのほとんどが、SEOの知識があるWebライターに書いてもらいたいと思っています。

SEOとは、「検索エンジン最適化」を略したものです。インターネット検索をした際に書いた記事が上位に表示されるために、色々な手法で記事を書いていきます。

Webライターには、そのSEOの知識と対策ができることを採用条件としているクライアントさんが多いです。

そこで、Webライティングの本質を学ぶことができるおすすめの本がこちら。

おすすめ②

「沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—」
著者 松尾 茂起


この本では、SEOの本質だけではなく手法も詳しく書いてあります。これ1冊あれば、Webライティングをしっかり極めることができますよ。

ただとても分厚い本で、全てを読んで理解するのは難しい本です。辞書のように、何度も何度も読むことで知識を定着させていきます。

楽天とAmazonのネットショップで購入できるので、ぜひ1冊手元に置いておきましょう。

楽天↓↓



Amazon↓↓

正しい日本語を学ぶことができる本


きちんとした日本語で文章を書いていると思っても、読んでいる人が「この表現おかしい」と少しでも思われたら記事を読むことを途中でやめてしまうかもしれません。

どんな文章であっても、正しい日本語で伝わる文章が書けなければクライアントさんから依頼されることはないでしょう。

そこで、正しい日本語表記を学び伝わる文章を学ぶことができるおすすめの本がこちら。

おすすめ③

「記者ハンドブック 第13版 新聞用字用語集」
一般社団法人共同通信社


この本は、一般企業の企画・広報担当者からWEBライターまで、文章を書く多くの人が使っています。

漢字やひらがな、カタカナ、送り仮名などの正しい日本語から、日時・地名・人名などの表記など文章を書く上で必要な用語をしっかり学ぶことができますよ。

楽天とAmazonのネットショップで購入できるので、ぜひ1冊手元に置いておきましょう。

楽天↓↓



Amazon↓↓


このような本を読む場合は、完璧に理解してからライティングを始めるのではなく、学びと実践を繰り返すことで少しずつ知識を定着させる、といった使い方がおすすめですよ(*^-^*)

ぜひ読んでみてくださいね。

  • Facebookへのシェア
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. 記事依頼 より:

    […] 基本的な文章力を身につけるための本 […]

コメントフォーム

名前 

メールアドレス 

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
サイト運営者
【おすすめ】未経験からライターを始める方の教材
 最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
応援お願いします(*^-^*)

ページの先頭へ